さくらんぼ計算

一例

さくらんぼ計算というものがあるらしいですな。

さくらんぼ計算とは、例えば、「8+7」の足し算で、7を2と5に分け、8にこの2を足して10にする。そして、10と残りの5を足して15と計算するやり方だ。7の下にぶら下がったさくらんぼの実を2つ描き、2と5を実の中に書くことから、さくらんぼ計算と呼ばれている。

この足し算では、8を3と5に分けてもよい。

そしてこんな事例もあったそうだ。

さくらんぼ計算の図を解答用紙に書かずに省略したところ、全部1点ずつ引かれていたとして、やり方を強制することに疑問を呈した。テスト中に、さくらんぼ計算の図を使うような指示はなかったという。

これって柔軟な考えを養う為の計算方式だと思いますけど、採点する側が柔軟じゃないと意味ない感じですね(笑)

私は小学校低学年の時の紫陽花の花を描く図画の時間の出来事を思い出しました。

他の子は写実をしていましたが、私なりの表現で一生懸命抽象的な絵を描き、周りの同級生からも上手って言われ、自信満々に先生に提出したら、ちゃんとみんなの様に描きなさいって言われ、一気にヤル気を無くした事があります。

人によって答えにたどり着くやり方って色々あるからな。

教師なら即減点せず一旦受け入れて貰いたいよな。

本日の体重 H30.11.17

79.5kg

1+(6+4)+(5+5).

前日の食事

スーパーの天ぷらそば 肉豆腐

ダッツ

翌日朝食

ブラックコーヒー

応援して下さると嬉しいです♪

もし宜しければ、人気ブログランキング・ブログ村のバナー、
Facebookのいいねボタンを押して応援して貰えると嬉しいです。


ダイエット日記ランキング

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
漫画まとめ読みはこちら

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA