大胆予測!

今日は、米朝首脳会談が開催されたらどうなるのか?

簡潔に予測してみたいと思います。

平和でないルート

先ずは平和でないルート進行の予測です。

パターン1 米朝首脳会談開催されず

この場合は、米朝首脳会談が行われるか、軍事衝突が起こるまで、現在の状況を維持しつつ北朝鮮への圧力を加え続けてゆく事になりますので、一時的に物理上の平和は維持出来ますが、精神的に平和でない状況が続きます。

そして圧力に耐えかねて軍事衝突が起これば、その時点で平和ではなくなります。

パターン2 米朝首脳会談失敗

米朝首脳会談が開催され、そこで米朝の交渉がまとまらなかった場合は軍事衝突へと発展してゆく事になりますので、平和ではなくなります。

平和ルート

米朝首脳会談で米朝の敵対状況が解消されれば平和ルートへと進む事となります。

その為には金正恩委員長がトランプ大統領に対して、北朝鮮の考える平和への道筋を明確に示し、納得させる事が求められます。

会談成功への簡単フローチャート予測

米国「朝鮮半島の非核化及び拉致問題を解決すれば、国交を結び、経済協力を致します」

北朝鮮「非核化は致しますが、段階的な非核化を望みます。」

交渉1 朝鮮戦争終結

朝鮮戦争の終結

在韓米軍撤収

ここで交渉材料となるのが、ICBM(大陸間弾道ミサイル)です。

これを放棄することにより、先ずは朝鮮戦争の終結を考えます。

その為には在韓米軍の撤収との交換条件が、交渉案件となります。

交渉2 非核化

非核化へは日本と在日米軍の存在が関わってきます。

北朝鮮はこの段階では日本と国交を樹立していない為、日本の事は敵国扱いです。

その為日本と国交を結ぶ和平交渉を進めない限り、非核化をスムーズに進め辛いと米国側に伝える事が予測出来ます。

交渉3 拉致問題

米国「日本人拉致被害者を即刻解放すれば、日本も和平交渉を望むでしょう」

北朝鮮「拉致問題は2002年に解決済み」

ここで北朝鮮側は現在北朝鮮国内にいる日本人拉致被害者は既に死亡、もしくは北朝鮮に帰化した人しかおらず、2002年金正日体制時の謝罪及び帰国を望んだ5人の解放をもって解決済みと認識しているとの話をする事が予測されます。

補足として日朝国交正常化すれば、日本の家族と北朝鮮人となった拉致被害者の再会は叶うとの見解も示すかも知れません。

米国はこの話をもって、朝鮮半島の非核化は日本と北朝鮮の和平交渉が不可欠と考える可能性も十分予測出来ます。

その為、トランプ大統領は米朝首脳会談後の訪日、日米首脳会談をセッティングし、日本はビッグプレイヤーと言った発言に繋がったものと考えられます。

実際問題現実はどこでどうなるかは分かりませんが、一応ここまでは昨年トランプ大統領が就任した時点でおおよそ予測した通りの展開となっておりますので、今後の予測も当たるか注目しております。

本日の体重 H30.5.31

82.1kg

趣味は平和

前日の食事

三十雑穀米二杯 豚汁 サラダ 鮭 肉豆腐 ベーコンエッグ きゅうり

美味しいものを食べながらのダイエットは、平和に負けず劣らず難易度高いです。

カステラ 5カット

翌日朝食

ブラックコーヒー 納豆ご飯 豚汁
その他クッキー

ラス1のゴディバ

応援して下さると嬉しいです♪

もし宜しければ、人気ブログランキング・ブログ村のバナー、
Facebookのいいねボタンを押して応援して貰えると嬉しいです。


ダイエット日記ランキング

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA