かくかくしかじかのひかく

人はどうしても比較をしてしまう生き物です。

ネガティブ思考で比較をすると、ねたみ、そねみを生み出しますが、ポジティブ思考で比較をした場合、やる気、勇気につながります。

そこで米朝会談に先駆けて、近隣各国による朝鮮半島の非核化についてのプロセスや認識を比較してみる事にしました。

中国・ロシア「我々は北朝鮮に対し、経済的交流や支援をすることにより、相互に核を使用しないと言った非核化を目指します」

韓国「我々は朝鮮戦争を終結し、南北統一に向けたプロセスを歩みつつ朝鮮半島の非核化を目指します」

以上の国は、北朝鮮の核保有を認めたまま、相互の信頼を元に事実上の非核化を目指す可能性が高いです。

ではアメリカはと言うと

北朝鮮の核保有を認めない~北朝鮮の核保有を相互信頼の元認める

の間で、只今精査中と言う訳です。

米朝首脳会談ではその辺りの見極めをリビア~シビア方式で行う筈です。

では金委員長はアメリカに対してどの様な非核化を提案するでしょうか?

それはICBMの放棄と言う形が、アメリカの利害と一致する筈と読んでいるのではないでしょうか?

この提案はICBMを放棄しても射程内に入る在日米軍が大きな障害になりそうですが、アメリカも在日米軍のコストを天秤にかけた時、日本国内の在日米軍への風当たりを考慮したうえで、在日米軍のグアム撤退も視野に入れてくる可能性もあります。

そうなると、わが国日本は核の傘から外れる事になりますので、アメリカに対して米軍駐留費を負担しつつ撤退を踏みとどまって貰うのか?中国・ロシア・北朝鮮・韓国と信頼関係強化に励むのか?それとも第三の手段で核を保有する事にするのか?の選択が生まれます。

ただアメリカが日本を親友として認めていれば、単純に北朝鮮の核保有を認めないと言った今までとなんら変わらない関係が続くでしょう。

全てはアメリカの御心次第

米朝首脳会談とは、今までの我が国の行いがジャッジされる時なのです。

庭太郎文庫(ひかく三原則 ~愛と勇気と友達~より)

本日の体重 H30.5.7

82.9kg

去年の体重と比較しないで下さい(涙)

前日の食事

ナスミート二皿 スープ サラダ ホタテ

ナイストゥミーチュー ナスミートめっちゃ好きっ!

葉っぱは流石に食べれませんでした。

翌日朝食

ブラックコーヒー

応援して下さると嬉しいです♪

もし宜しければ、人気ブログランキング・ブログ村のバナー、
Facebookのいいねボタンを押して応援して貰えると嬉しいです。


ダイエット日記ランキング

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA