ダイエットが楽しく変わる分岐点

分かれ道_R

イエット=辛い

食べる事が大好きな私にとって、真っ先に思い浮かぶイメージです。

辛い要因は以下の通り

  • 食事を我慢しなきゃいけない
  • 運動をしなくちゃいけない

要するに制限されている事にストレスを感じる=辛いとなります。

でもちょっと視点を変えるだけでこれを解消でき、更には楽しく感じられるようになります。

食事がより楽しくなる

これは私が今回一日一食ダイエットをしている為感じる事かも知れませんが、

毎日のプチ断食によって(毎日約21時間のファスティング)味覚がリセットされ、

食べ物が格段に美味しく感じられるようになりました。

それと共に、食べ物・食べられる事への感謝の気持ちも芽生え、食事の度にを実感出来る気がします。

これを味わえるが為に、毎日の空腹にも耐えられております。

運動が楽しくなる

運動楽しい_R

BMI30超え時の私はとにかく動くのが嫌いでした。

理由は疲れるから(笑)

その為、ダイエットをするにも運動無しで痩せられるものばかり試そうとしておりましたが、そもそもそんなメンタルでは継続は難しく、ちょっと痩せてはリバウンドの繰り返しでした。

かと言って最初から運動するダイエットも正直体がついていかず、なかなか継続することが出来ませんでした。

もうダイエットは無理だって思いましたが、これは自分の精神面・体力面を無視したメニューを組んでいた為と気づきました。

先ずは簡単な運動から始めよう!

以前紹介しましたが、ながらスクワットのような簡単な運動を毎日の生活に取り入れてみました。

それを三日継続・一週間継続・二週間継続

毎日積み重ねていくことにより徐々に自信がついて来たと共に、更なる運動意欲が湧いてきてウォーキングを開始、更には筋トレ迄するようになりました。

これは運動により体力面・精神面共に向上してきたからでは?と感じております。

ダイエットに運動を取り入れる利点

ダイエットに運動を取り入れる場合は、毎日鏡で自分の体をチェックする事により、精神面でとてもプラスに働きます。

理由はダイエットに付き物の停滞期

食事制限だけの場合は体重増減だけが指針となってしまいますので、私の場合はここで挫折してしまう事が多かったです。

運動を取り入れる場合は、体重が減っていなくとも体型が変わっていくのが分かります。

例え停滞期が一か月続いたとしても、体の部分部分では僅かながらでも引き締まっていくのが実感できますので、これがダイエット継続のモチベーションに繋がります。

勿論体力・精神力もついてきますので、

体重が減った時は素直に嬉しい!

体重が増えた時は筋肉がついて嬉しい!

こんな感じで楽しむ余裕が生まれます(笑)

ダイエット=辛い

確かにこの図式は成り立つと思いますが、今の私はその辛い部分を認めた上でそれ以上に楽しさを見いだせた為、

ダイエット=辛いけど楽しい

に変換し、今回のダイエットは継続出来ていると思います。

ダイエットが辛いと感じたら、その辛さの先にある喜びを見つける事が、

ダイエットが楽しく変わる分岐点

なのではないでしょうか?

本日の体重 H27.9.22

IMG_1967_R

86.7kg

まあ予想はしてたけどね(チックショー!)

IMG_1970_R

グラフで見ると順調なのよね。

昨晩の食事

トレ前   豆乳一杯  バナナ一本

トレ直後  野菜サラダ ササミ焼きチーズ乗せ二本

IMG_1965_R

ジャージャー丼 玉子スープ つくね串 焼きピーマン

応援して下さると嬉しいです♪

もし宜しければ、人気ブログランキング・ブログ村のバナー、
Facebookのいいねボタンを押して応援して貰えると嬉しいです。


ダイエット日記ランキング

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA