血糖値スパイク!血糖値の急上昇が招く危険性とは?

昨日はNHKで血糖値スパイクと言った症状が流行っているという番組をやっていた。

血糖値スパイクとは?

食事を食べたすぐ後の短時間にだけ、人知れず血糖値が急上昇し、やがてまた正常値に戻る。それが、「血糖値スパイク」。食後時間がたった状態で行われる通常の健康診断では、見つからないことも多い。ところが最新調査で、なんと1400万人以上の日本人に「血糖値スパイク」が生じている可能性が明らかになってきた!

血糖値スパイクのリスク

この「血糖値スパイク」、知らずに放置すると、体内の重要な血管が傷つけられ、脳梗塞や心筋梗塞などによる突然死のリスクが高まることが、最新研究で突き止められた。それだけではない。がんを引き起こしたり、脳にまでダメージを与えて認知症をも招いたりもするというのだ。まさに“万病の種”!

そして番組内で提唱していたそれを防ぐ手立てとは?

1.朝食を抜かない。

血糖値を急激に上げない為には、朝食は抜かず、一日三食で血糖値を安定させるのが望ましいとの事でした。

更には朝食抜き、一日二食の場合はさらにそのリスクが高まり、一日一食の場合はよりリスクが高まるとの話。

なんと!私の行っている一日一食は血糖値スパイクのリスクが高いと言う事なのでありました。

2.食べ順を心掛ける

炭水化物は血糖値の急上昇を招きやすいので、先ずは野菜・肉と食べてから最後に食べる様に心掛けるとよいとのこと。

この食べ順に関しては、ダイエット開始当初から採用しているので、特に問題はない感じです。

3.食後の運動で血糖値を抑える

食後に軽い運動をする事により、血糖値の上昇カーブを緩やかにする事が出来るとの事

私はいつも食前に運動をしているので、血糖値スパイクの予防としては特に意味はない感じです。

また、アルコールは一時的に血糖値を下げる効果がありますが、その分食欲が増すので、つまみ類を食べすぎると結果的に血糖値を上げる事になるので注意とのこと。

その他食後のお菓子等は週に一回位にした方がよいとの事でした。

こう見てみると私は引っかかる項目が多いので、改善出来そうな所は意識してみようと思った。

取りあえず体は快調なので一日一食は続けますが、食後のお菓子とかはなるべく減らしていければと思います。

あと番組を見ていて一つ気になったのは、昔の日本人は血糖値スパイクだらけだったのかな~?と言う事です。

理由はおかずを食べないで米を大量に消費していたと言う話を思い出したからです。

その点もこの症状の統計として、研究していってもらえたらと思いました。

本日の体重 H28.10.9

img_0897_r

82.8kg

スパイクいらない

前日の食事

トレ前   豆乳一杯  バナナ一本

img_0894_r

鶏そぼろ丼二杯 味噌汁二杯 鮭のホイル焼き トマト

応援して下さると嬉しいです♪

もし宜しければ、ブログ村・人気ブログランキングのバナー、Facebookのいいねボタンを押して応援して貰えると嬉しいです。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメント

  1. とん より:

    >理由はおかずを食べないで米を大量に消費していたと言う話を思い出したからです。

    宮沢賢治の雨ニモマケズでは玄米四合と書かれていますが、
    精白米と違い消化も悪かったでしょうから血糖値の上昇も緩やかだったのでは?
    「食べ順を心掛ける」と同じ理屈がそのまま当てはまっていたと推測します。

    • 庭太郎 より:

      とんさんおはようございます(^^)/
      なるほど!玄米だと消化速度が遅いのですね!
      となると現代でも玄米を食べている人は、量を沢山とっても血糖値スパイクになりにくいのかも知れませんね!
      その辺りも研究してもらえるとますます良いかも?どうもありがとうございます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA