食事を求める気持ちは譲れない!一日一食レコーディングダイエット

人間は辛いと投げ出したくなります。

ただし、辛い先に楽しい事、求めている事が待っているとしたら・・・。

乗り越えられるのですよね!

ただし、その楽しい事が余りにも遠すぎると、やはり投げ出したくなります。

デブと言うのは全般的に忍耐力のない人が多いと思います。

デブにとって辛いこととは何か?

それは食べる事を制限される事、所謂ダイエットなのですが、

通常の一日複数食、バランスよく食べるダイエットの場合、

食事の際、どうしても我慢しなくてはいけない部分が多くなります。

例えばですが、

今まで一食あたり1500kcal食べてた人が、一食を500kalにすると考えるならば、

それはそれは尋常な事ではありませんよね?

これを習慣化させるには、とてつもない意志・忍耐力が必要となります。

ストレスの蓄積もハンパないです。

そして我慢の末にたどり着いたスリムな体。

今度はそれを維持する為に、まだまだ食事の我慢は続きます。

それをキープしつつ、尚も体を鍛え、太りにくい体を手に入れたとします。

ハイここ!

この辺りでやっと、好きなこと、求めている事である食事を楽しめるのですよね。

これはデブにとっては余りにも遠すぎる道のりです。

途中で投げ出したくなるのも当然。

デブは本来そんなにストイックな生き物ではありませんからね。

まあこの長く険しい道のりを乗り越えられるのは、デブ界の勇者のみです。

痩せてゆくと食べる事以上に好きな服を着たり、動きやすくなったりするよ!

なんて言われますが、確かにそれは魅力的!

楽しい事、求めている事ではありますが、

私が一番求めているのは何より美味い食事なのです!

そこは痩せようが絶対ブレない自信があります!(デブをなめるな!)

すみません。

食事の事となるとつい熱くなってしまいます。

まあそれだけ食事と言うものが好きなんだと思いますから、大目に見てください。

以前リバウンドの仕組みについて考えてみたところ

恐らくダイエットをしてゆく過程で、

食事への関心から

ファッションやボディーメイクへの関心に上手く移行出来た方が、

その後も体型を維持出来るのかな?と思いました。

しかしながら、痩せても食事への関心が一番のままだとしたら…。

やはりリバウンドしてしまうと思います。

あんなに辛い道のりを越えてきたにもかかわらず、戻るのは簡単ですよね。

私は食事への関心を捨てる気は無いので、

従来通りのダイエットではやる前からリバウンド確定です。

これを解消するためには、楽しい事、求めている事を

グッと近い位置に引き寄せるしかないと思いました。

そこで一日一食レコーディングダイエットです。

これが何故、今までのデブ生活以上に食事を楽しめるのか?は

長くなりましたので、また明日お話ししたいと思います。

本日の体重 H27.12.5

IMG_2791_R

83.7kg

食べます!食べますっ!

昨晩の食事

トレ前   豆乳一杯  バナナ一本

トレ直後  野菜サラダ ササミ焼きチーズ乗せ二本

IMG_2785_R

おでん

IMG_2789_R

だし粉と味噌をつけて食べる静岡おでんです。

IMG_2783_R

焼きそば

応援して下さると嬉しいです♪

もし宜しければ、ブログ村・人気ブログランキングのバナー、Facebookのいいねボタンを押して応援して貰えると嬉しいです。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA