一日一食は健啖家向けのダイエット法

一日一食ダイエットを始めて5ヶ月が経ちました。

当初は空腹との戦いがそれなりに大変ではありましたが、

最近はそれほどでも無く、いつのまにやら習慣化出来てきたのかな?と感じております。

社会人となってからの私は、朝食抜きの一日二食生活だった訳ですが、

結構不規則な生活でしたので、年齢と共に徐々に体重が増えてゆきました。

食べる量・スピード共に年々上昇

代謝の盛んな二十代はそれでもさほど増量はしませんでしたが

30代からは徐々に体重が増加しました。

決定的だったのは5年前に実施されたタバコの大幅増税です。

増税に伴い禁煙を致しましたが、より健康的な生活をしようと

一日三食生活にしてみました。

昔から健康的な食習慣というと、一日三食と刷り込まれていたので、

せっかく禁煙して生活を正すなら、食生活も改善しようと考えました。

結果的にはこれがいけなかったです。

しっかり勉強をしてカロリーコントロールを身につけた上で

一日三食にすれば良かったのですが、

私の場合はただ朝食をプラスしただけだった為、

単純に食べる量が増えただけでした。

それからは増量スピードも加速し、気が付いた時には100kgオーバー

久しぶりに会う人口々に、「すっかり別人だね」

と言われるようになりましたな。

元から食べる事は好きだったのですが、タバコをやめた分

余計に食への欲求が高まり、食事量も増やしてしまった為

大食いのデブとなってしまったのです。

こんな人にとって、食事制限は正に地獄の苦しみ以外の何物でもありません。

痩せる為には一般人の食事よりも少ない量にしなければいけませんね。

一食辺りの量は今まで食べていた食事の量より遥かに少ない量。

よって食べても満たされない。

むしろもっと食べたい。

常にパンチのある食べ物や禁止されている甘いモノ等への欲求がつきまといます。

待ちにまった食事の時間でも、

本当に食べたい物を食べられる訳ではないので

これは解消されませんね。

食事の度にストレスが溜まります。

普通の胃袋の持ち主の場合のダイエットなら

普通に一日三食でも一日五食でも、

ストレスをさほど感じなく続けられるかも知れませんが、

肥満になってしまう位の人は、大抵食べる量が多いだろうし

甘い物や、パンチのある食事が好きだと思います。

そういった方にとって、一食のカロリーを減らすダイエットは

本当にストレスが溜まる行為だと思います。

そんな場合、なるべくストレスを溜めない方法は、食事の回数を減らすしかないですね。

えっ?

食事回数を減らしたら余計にストレスが溜まるんじゃないの?

なんて声が聞こえてきそうですが、

その点についてはまた明日お話ししたいと思います。

一日一食ダイエット 食事の回数を減らしてもストレスとならない理由とは?

本日の体重 H27.11.17

IMG_2603_R

83.8kg

83の攻防が今始まる!

昨晩の食事

トレ前   豆乳一杯  バナナ一本

トレ直後  野菜サラダ ササミ焼きチーズ乗せ二本

IMG_2593_R

十六穀米二杯 味噌汁 豚肉の黒胡椒焼き ぶり大根 里芋煮

IMG_2596_R

まだ売ってたー! これめっちゃ好き!

IMG_2599_R

チーズケーキ ブラックコーヒー チョコ

応援して下さると嬉しいです♪

もし宜しければ、ブログ村・人気ブログランキングのバナー、Facebookのいいねボタンを押して応援して貰えると嬉しいです。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA